よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・日常・他

【クラフィ部/にゃんこ大戦争日記】芸人になりたかったのかな?

これが約半年ちょい前のお話なんですけれども。

あれから暫く経ちまして。
『これで終わったと思っているのか』の言葉通りやってやったぜ全バグマ。

出来心で某雑談掲示板に投下(報告)するだけして消えてしまったのですが、
新しいパソコン注文している間に話題が流れていたのと、いただいていた反応に個別返信するのは鬱陶しいよなと悩んでいる間に完全にタイミングを失った感じです。

思ったより反応あって、しかもそれが暖かくてびっくりした。
掲示板とかってもっと怖い場所だと思ってたんだけど世の中意外と怖くないんだな。
一瞬でも流れを自分の推しに持って行けてニヤリです。
うんうん宮本かっこいいよね、同じことしてる人他にもいるよね、だよね、ナカーマ。やったね。
もしあの時その場に居たどなたかでも此処に辿り着く事があれば、その節はありがとうございました。

 

そんな訳でして、★4~超★6までバグマにした結果333人の宮本武蔵(バグ値合計)とかいうとんでもない状況が出来上がったということです。

でもね、あれこれやり込んでる皆さんはご存知とは思いますが。

覚醒素材になった分もあるよね?

彼は何かと超の皆様の覚醒素材にされやすいので、まあ、333人じゃ済まないってことですな。
そして私は今5人目の宮本武蔵のバグを上げている。
(割と本気でこの子どうしたらいいですか、処遇に悩んでいる)

***

で、ですね。
にゃんこ大戦争コラボの前ににゃんこ大戦争を入れてみたんですね。
正直このタイプのゲームは以前別ゲームであまり楽しみ方を見出せないままサービス終了という前例があったので、
コラボの為に入れるだけ入れて終わりかなと思っていたその考えがもう甘かった

 

余白:ガネーシャとかいうイケメンの存在
隼一同に流れる(うわこいつまた褐色だよ)という空気。
別に私は褐色属性とかではない。
褐色が好みの容姿/性格でこっちに向かってくるのがいけないのだ。

方向性の散らばったバリエーション豊富なキャラにお宝集めとかいうやりこみ要素……。
単純な割に戦略性あるし、ハマっちまったよ、にゃんこ大戦争……。
そして開幕しちまったよ『ガネーシャ(いつになったら)引けるかな』大会。
その後日本編金埋めしながらゼウスガチャを待ち、11連でコケ申して、
まあそうだよねと前向きにto be continuedしようと思ったら単発で引いてアッサリ完結。
何かよくわからないけどよかった!
と安堵した余白に突き付けられた宮木武蔵とかいうめちゃんこかわいい猫のお化けが憑いた気になる名前のキャラクター。

こいつをドロップするまで……戦いは終わらないし終われない!!

ただ、遠い、遠すぎる……!
と軽く絶望した所までがこれまでの我が携帯内におけるにゃんこ大戦争のあらすじです。
今はなんか未来が見えなくてレジェンドも詰まっているのでレジェンド★2以降埋めたりゾンビ切ったりしながらの戦力強化が早急な課題。

ピ〇太郎とコラボとかやってたんですね。どことやってんだよ。笑。
攻略サイトかどこかでチェーンソーで切り刻むと楽しいみたいに書いてあったと聞き、切り刻まないであげて!!と言いながらもチェーンソー抱えて復刻を心待ちにしており(以下略)

【ゲーム】だからその日はペロニャン記念日

http://yosayosa.hateblo.jp/entry/2017/03/06/185942

↑この話を覚えていらっしゃるだろうか……。

話は「我が家にだけことごとく猫ユニットが来ない」と嘆いていたその直後、7回目の十連でフェス限一体確定だったフィーバーフェスまで遡る。

一発目にシュレ引いた。
目玉ポーン。

それはさておき丁度その時期に30日ログインボーナスもあったことを覚えておいでだろうか。
そう、ユニットカラー指定で★6覚醒ユニット確定チケットの、あれだ。

とある土曜の朝じゃった。

余白「おお、ログインボーナスが終わったわい……」

まあ、赤で引くじゃん。
ペロニャン一本狙いですもの。

これはまあ験担ぎみたいなものなんだけど私のラッキータイムが22:15で、先のシュレもその時間に引いたんですよ。
だから、8:15に引いた。(夜まで待てない)



一瞬目を疑ったね。
遂に幻覚見たと思ったね。

余白「ペ……ペペペペロニャン!!!」

ガクガクブルブル

余白「ペロニャーーーーーーン!!!」

らーらーらー

ららーらー

ららーららー


ららーらー


ありがとう!!ありがとう!!

遂にペロー君が!

我が家に!!!


ありがとう運営

ありがとう世界

ありがとう宇宙


一時間後、そこには既に育成完了したペローの姿が!!


余談ですがこのあとダルタニャンやクルミ……と一転して猫ラッシュが始まって当方大変困惑しておりますあのーシンドバッド君は?
(褐色は我が家で増殖を続ける褐色イケメンの許可が下りないと来ない模様)

我輩のようかんであるか?

~前回のあらすじ~
にゃんこラテラル・ダメージの深刻な深層ダメージにより余白はヒトに戻れなくなった。

**

我輩、もうかなり前の話になるのだけれど某おやつのCMソングのフルバージョンを視聴致した。
動画に出てくる同胞達のこれまたうまそうに食らうこと食らうこと。
さてこの販促動画というものがとんでもない代物で、試聴一分半を越えた辺りからまるで洗脳にかけられたかのように頭がおかしくなってくる。

そして気がついたら口ずさんでいるのだ、

「ちゅ~るちゅ~るちゃおちゅ~る」……と。

これはさながら人間で言う所の『やめられないとまらない』アレのようなものなのだろう。
ふむ、此処は我輩もひとつ……と思いはするが思い留まる日々。

世を忍ぶ仮の姿で買い物をしているときも、カリカリや缶詰の前でつい足を止めてしまうこと多々。
されどこの世を忍ぶ仮の姿でチャオチュールを買うわけにもいかない……。
立派な成猫として最低限越えてはならないラインというものは存在する。気がする。

「えっこの人これ食べるの?」などとレジの店員に怪訝な顔をされても「いやこれは仮の姿でござって……」と言うわけにもいかぬ。
それに幾ら美味であるとはいえかようなものを一心不乱にペロペロしている光景を動画に撮られ全世界に晒されると思うと恐ろしくも思える。
しかしながらこれも、逆らえぬものの宿命よ。


f:id:yohazare:20170409114038j:plain

結果、入れ物の形状と食し方の酷似したこれに落ち着く。
ヒトは言った。
「これ、ようかんじゃねーか」