読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・日常・他

ケバブが食べたい。

日記

いつもの悪癖でダラダラ長くなってしまったので、三行でまとめる。

 

暑いのも寒いのも人混みも嫌い。

でも近所の祭りにケバブ屋台来てるからケバブ食べたい。

一人祭りで夕飯(ケバブ)調達。

 

***

 

ケバブが食べたい。というケバブ欲はおよそ月に一度の頻度でやってくる。

とはいえ近場に店舗もないためそう簡単にいつでもケバブを手に取れる環境ではなく、ケバブ欲は月ごと増すばかりであった。

かつて『ロックとかやってるのか』と私に訊ねた外国人店員が居た新宿のケバブ屋は気付いたら無くなっていた。

駅から近かったので、新宿に立ち寄った際何度か食べたことがあったのだがこんな事ならもっと食べておけばよかった。

 

さて、この日は近所で行われる祭のため表の通りを歩行者天国にするという。

元々交通量の多い道だ。狭いくせに交通量が多いので厄介な事この上ない。

夕方以降通行止めによる難民が裏通りに溢れることは容易に想像がついたので土曜出勤だった私は早めに仕事を切り上げ難を逃れる事にした。

 

一旦家に戻った後コンビニでの支払いついでの買出しに外へ出ると、既に祭屋台の準備が始まっていた。

ネギなんかが放置されているのを見て『おいおい食材大丈夫か』と一瞬思ったがよくよく考えてみれば元々外で育ったものだ。

魚とか、卵とか、ナマモノでない限り問題ないだろう。

それらを眺めながら歩いていると並び始めた祭屋台の中に、ケバブを見つけた。

祭は夕方からだから、夕飯に良いかもしれない。

 

それにしても暑い。

普段デスクワークで朝から夕方まで外に出る事は無く、休日は外出はすれど日の当たらない室内に居る事が殆どなので暑さには不慣れなのだ。

それに加え元々夏でも涼しいと言われる場所の出身故にまさに暑さは天敵だった。

実際は此処と地元の気温だけを比較すると大差なく、『夏でも涼しい』と言うのは幻想なのだがいずれにせよ暑いのは苦手だ。

どうでもいいが寒いのも苦手だ。苦手な事は多い。

帰宅後身体が汗でベタベタするのがどうにも我慢ならなくなりシャワーを浴びた後、何となくyoutubeで動画を見ている内に寝てしまっていた。

気付いたら7時。まさに夕飯にはうってつけの時間だった。

 

少し悩んだが折角丁度良い時間に起きたのだからやはり夕飯はケバブにしようと決めた。

寝起きのまま外に出ると案の定表通りに出られなかった車で普段より交通量が多い。人も多い。

そのまま歩いていくと前方には人だかりが出来ており、丁度T字路になる所で何かをばら撒いている。

それが餅でもお菓子でもなんだって良いが、しくじった。最悪のタイミングだ。

恐らく一番混んでいる時間帯に鉢合わせてしまった。

 

何度も足を運んだ結果東京の人混みには多少慣れた。

けれど恐らく人混みに慣れていない人が多いであろうこの集団の往来。

これはどうにも駄目だ。暑いのも寒いのも、加えて人混みも苦手だ。

iPodの音量を上げた。アイネクライネのハンバーガーがおいしそうだ。ああ、ハンバーガー食べたい。

 

しかし今日はケバブだ。ケバブ欲のタイミングが合致した数少ない絶好の機会なのだ。

ただ、あまりにも並んでいるようなら諦めてスーパーに行き昼間買い忘れた大葉を買って素麺でも茹でよう…。

そう思いながら屋台側に出ると、屋台前は思ったほど混んでいなかった。

知り合いに会わないようひたすらに念じながら列に並ぶ。

仕事の為この土地に越してきた。故に地元ではないし、別段会いたくない人や嫌いな人が居るわけではないのだがそれでもプライベートで知人に遭遇するのは何となく気恥ずかしさがあって気まずい。

ワイワイガヤガヤと人の声が入ってきて少し頭痛と吐き気を催してくる。

列の回転が速いのは幸いだった。買うもの買ってさっさと帰ろう、と思う。

イヤホンを外して、(恐らく期待するほど辛くはないであろう)辛口を注文した。

 

私は甘党だがそれと同時に辛党でもある。

何でもかんでも辛くしてみたり、辛いものを更に激辛にしてみたりと色々やんちゃをしてきた。

それだけが原因ではないのだが一度胃を壊した事があるのでそれ以来は多少控えている。

 

というのは余談であったが、ケバブを受け取って足早に人混みから立ち去る。

イヤホンを挿し直すとiPodからはシュガーソングとビターステップの終わり際が流れていて、なかなかどうして賢いものだ。

曲が変わって家まで5分。日が落ちて多少動きやすくはなっていたがやはり暑い。

 

かくして無事に夕飯の調達を終えたのだが、未だに頭痛が治まらないでいる。

 

恐らく、スタンダードなケバブのような。値段もまあよく見る屋台と同じくらい。

冒頭三行で纏められる話を、よくもまあここまでダラダラと肉付けしたなと思う。

 

アイネクライネのハンバーガー…→Pia-no-jaC←『EAT A CLASSIC 5』のジャケット。おいしそう。