読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・日常・他

一部関東ぶらり旅をする話。

日記

明日からSWだ、という金曜日。公共料金の支払いに行ったコンビニでこのようなものを発見。

買わざるを得ない。日付だけの日めくりタイプで曜日を選ばないので半永久的に使えるスグレモノだ。

翌日からSWでちょっとした旅行だと言うのに、つい買ってしまった。とりあえずこれと職場にある私のまいにち修造を入れ替えてどうなるか試してみようと思う。恐らくばれない。寧ろばれるほど私の机上に興味を持たれてもそれはそれで困るというものである。別にいいけど。

こんな調子で始まったSW前半。二泊三日、友人の家を転々とお世話になる旅。

それは完全な思いつきの呟きから始まった。

朝は寒く昼は暑い季節で、服装に悩む。上着の一枚でも持っていこうかと思ったが持参せず正解であった。想像以上に日差しが強く、暑い。それでも一時程の湿度はないので比較的過ごしやすい様に思う。映画を観て、買い物して、ゲームしたり動画を見たり。

地元であちこち探しても遂に出会うことの無かったセブンイレブンの【生パスタ海老のトマトクリーム】(※冷凍食品にあらず)に出会えて歓喜。っていうかめんどくさいもん買ってごめん。そして後々よく調べてみると、販売地域が首都圏一部と茨城ってそりゃ見つからんわ。冷凍の方を職場の先輩のお勧めで食べて非常に美味しかった為通常弁当版も是非食べてみたかったのだ。冷凍版は全国販売されているようなので私からもお勧めしておく。

ほぼ毎日ペースで連絡を取っている友人だけれども、何かと突っ込んだ話もしながら最終的に私は最高の寝付きで爆睡をかました。よそ様のお家でも気にせず朝まで超熟睡。布団をかけて貰う始末。

翌日は別の友人と合流し次の目的地へ。日曜の電車は思ったより混んで居らず二泊分装備+買い物の荷物を抱えた私には有難かった。昼はファミレス。ドリンクバーでレモンティーでも作ろうかと思ったのだがポーションタイプのレモンがなかったのでからあげのレモンを貰って絞る。特に大きな問題はなかった。およそ数ヶ月ぶりに会うまでの間に私の髪型と髪色が大きく変わって存在が薄まったのか、時折見失われていたようだ。職場でも普段話をしないような人にまで突っ込まれるので無理も無い。

(笑)

そのままこの日は合流した友人の家へ。夕飯の買出しに行ったセブンイレブンでゴーヤチャンプルを発見。こちらも地元では発見できなかった。しかし販売地域は九州除く全国となっている。なんでや!そしてゴーヤまるで苦くない。何が起きたというのか。

私も友人も恐らく暴走するタイプの人間で、ストッパー不在の会話は方向修正が利かず色々とんでもない事になり最終的に私は朝まで超熟睡をかました。布団はかけて貰った。

三日目も朝から移動。この日の目的にして私の思いつき、それは『そうだ、春日部行こう』

かねてより生きている内に一度は春日部に行ってみたいと思っていた。具体的にいつからであったかはもうとっくに忘れてしまったが、幼少期からクレヨンしんちゃんが大好きであった。恐らく当時は最も世間からの風当たりが強い状況であったと思われるのだが我が家の方針では特に禁止されては居なかった。職場でも特にファンである事を隠して居ないし、周囲も映画泣けるよねーと概ね作品そのものに好意的な反応ではあるが、初期のDVDとか見るとあぁこれは……と確かに思う。

母曰く、アニメが始まった当初はあまり興味が無さそうであった、とも聞くし、一方でクレヨンしんちゃんの為に平仮名を覚えたとも言われている。真相はと言うと、私が幾度と無く母に本を読めとせがむので、最終的に読まされる側の母が面倒になって私に字の読み方を教えた。的な。それはもう覚えが良く、物凄い勢いで覚えたらしい。現在は基本的に冷めた性格であるが、実は熱中タイプであったようだ。

一時離れていた時期があったのだがここ近年で再び映画を観たりDVDを買ったりするようになった。およそアラサー寄りであるとばれるエピソードではあるが私とクレヨンしんちゃんを語るに切り離せないエピソードなのでやはり書いておくことにする。

で。

初めての春日部は都会的ではあるけれどどこかのどかな雰囲気があり、優しい人が多いという印象を受けた。私の好みにマッチする店舗が多いショッピングモールで気になっていた本を探し、クレヨンしんちゃんのグッズを購入し、無印でおやつを買ってもらってホクホクする。色々気になる服などもあったのだけれど、如何せん荷物が多い為見送りであった。

途中、昼食に入った店で大喧嘩する子供が私の存在完全無視で氷が入っていたらしいコップを此方方面に投げつけ私の動きが停止する(せざるを得ない)などという事故もあったが、まあ些細だ。彼等の親にも完全無視されていたので私はどうやら存在が薄いらしい。身長と存在の薄さは関係ないようだ。思えば会社のセキュリティにも弾かれることの方が多い。

休憩はまっ茶ラテ。

最終形態(つまり飲む前の写真を撮り忘れた)

荷物がいい感じに増えた所で夕方前に友人と解散。実はこの時間に移動を開始しても地元着は軽く3~4時間後である。適当な時間にホームに入ってもとりあえず電車には困らないこの感じ。

そこからおよそ1時間。乗り替えの新宿で北海道プチ物産展的なものがありまんまと釣られる。そして荷物(おやつ)が増えるが春日部の100円均一で買ったマイバッグがあるので問題ない。更には窓側席に座りたいが為にバスを1本遅らせる。

Uターンピークをバッチリ避けた二泊三日の日程。お世話になりました。本当に。

黄金の尻。

ちなみに春日部からの道中で父にLINEをしてみたのだが返信が「しんちゃんだね、良かったね」と完全に私の扱いが、何か、アレであった。