よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・日常・他

余白、ニヤニヤする。

「個人的に推したいのは爆弾なんだけど初手には向かない気がする」

という訳で勝手に考えた個人的に何となく年代を追えるお勧め三本がハイグレ→ジャングル→ロボとーちゃん。

一応以下の様な理由に基づいているのだけれど、一旦ぼんやりした感じで、ぼんやりしてないのは続きから。

(※それとなくネタバレ回避版)

「てなわけでハイグレでアクかめかっこいい!ってなってからのジャングル」

「大いにアリだな。ジャングルでもかっこいいはかっこいいんだけど、例のシーンがヨゴレ」

「(まあハイグレでも登場シーンがアレだから、安定っちゃ安定)」

「そしてオチがアレ。後のアレである」

「ロボとーちゃんか。バッチリじゃん」

……って。核心に触れないと何が何だか伝わりやしない。

最新の週刊連載や地域によって放送遅れのある最新アニメならまだしも、20年以上も前に公開された映画に関してネタバレ配慮すんのも何かバカバカしいと思うわけだけれど。

私自身が過程を楽しむタイプと言っていいのかどうなのか。ぼんやりとオチまで知った上で合いそうな作品に手を出す感じある故にネタバレ《される》のは気にしないタチなので、いざ自分が話す時に何処まで気にすれば良いのか正直わからん。

元々漫画とかも単行本派なので尚更。これ、バレが嫌なら週刊誌買えってやつです。

ぶっちゃけこんな辺境のチラ裏で気にする方がそれこそ自意識過剰なのは理解済みとしても、何処から何言われるか分からない時代。

例えるならば信号待ちの立ち話を横で勝手に聞いてた知らない人にいきなり文句言われるみたいな。違うか、違うな。

なんか面倒な人が多いなあと思う日も無くはない、けども。

ただ。何時の作品であろうが、目の前にこれから観ますって人が居れば話変わってくる。それは分かる。

それが既に『お約束』であっても、人が産まれる以上初めて見る子は絶対的に存在するわけだし。ええバルスカウントダウンの話してます。見てはいなかったけど、聞いただけだけど、聞いただけでも興醒めですわ。

配慮するに越したことは無いが言いたいことは言っていこう。

それで合わないヒトとは多分もう根本的に何かが合わないので諦めよう。

そもそも。わざわざブログという選択肢を採っているのだから、あまり人の顔色伺うのはやめる。元々致命的に配慮が欠けた頭の出来なのでどうしたものかと思っていたが。

(それでも流石に注意書きを入れるとか追記に分ける位はできる)

多いんだよ。面倒な人が。 言いたいコトは分かるし間違っても居ないんだけどなんかなあ、ってレベルから根本的にどうなのよってレベルまで。

チラシの裏。それでいい。

とか思った新年度。

↓続きは冒頭でぼかした分の回答。

 

(何となく理由がわかるネタバレ版)

「アクかめはジャングルでもかっこいいはかっこいいんだけど、度重なる金的シーンがヨゴレ」

「(まあハイグレでも社会の窓からコンニチハーだからなあ)」

「で、ジャングルのオチが幸子ビーム。後のこぶしウェーブ」

「なんてバッチリロボとーちゃん」

(´ー`)