読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・日常・他

隼の会クラフィ部・印税侍来たる!の巻

※本文中の通称は基本的に隼の会のみでの独自表現

 

前回、我々の面子が不利でオセ襲来とまで呼ばれ恐れられたオセ様★6覚醒しました。かわいい。

オセ様とランスロットのコンビ、通称オセロットが超楽しい今日この頃。

 

こちらはこちらで劇しんとか色々書くことが多すぎて書く方追いついていないので、若干前の話になるわけだが。

 

ブートレグ・ペロー。通称ペロニャン。愛宕提督が覚醒待ち。

で。今回は遂にと言っても良い位、私にとって大事な大事な本編があるのだが、それは後ほど。

 

***

 

ある日、隼の会恒例の『次に育てるのは誰だ!~次期育成メンバー相談会~』が始まった時に事件は起きた。

余白:此処に★4レベル1で放置されたままのラプンツェルが居るのだが彼女は強いのだろうか。

愛宕提督:おいバカふざけんな。

やじきた提督:覚醒最優先。

 

凄い勢いで罵られた。今思えば覚醒素材に人間要る時点でお察しくださいだった。

話はクラフィを始めた直後にまで遡る。序盤に引いてロックだけかけて放置していた彼女がそんな高評価ユニットだったなんて思いもしなかったのだ。(攻略見ろ)

 

愛宕提督:覚醒素材揃ってんの?

余白:人間素材は揃ってる。

愛宕提督:なんだそのご都合主義。

余白:ラプンツェル覚醒出来た。

愛宕提督:レベル低くてもいいからつれてこい。

 

――ラプンツェルの初陣、W級・ジャンヌ。

(一回行ったし撃破もしたけどきつかったのでそこでやめた。ドロップはしていない)

 

 

***

(本編)

結論から言うと、周囲を巻き込んだクラフィドはまり事件を引き起こした張本人の宮本氏を撃破報酬でゲットした、そんなお話。

武蔵ゲット記念。元ネタ紹介はこちら

 

ときに、隼の会には否定的絶対予告ポテネキが居る。

その能力は「まあ暫く来ないだろ」と言ったイベクエが直後に来ると言う物。

今回も例に漏れず武蔵を呼びつけたポテネキであったが……。

 

愛宕提督:クエ難度とドロップ調整だって。っていうか武蔵★6確定じゃん。 これもう今週末行くしかねえな。

余白:は?いやもっと先に★6必要なの居るだろ評価はアレでも何かと役に立つプロニキとかプロニキとかそういうところから先に(歓喜

 

私の場合、ガチャやドロップ運はぼちぼちなのだが、そういうある種の予知みたいな変な運がある。

艦これお気にの改二実装率の高さから、こちらでも私が目をつけたり育て始めたりすると★6フラグワンチャン扱い。

 

~数日後~

 

愛宕提督:予習してきましたよ。

余白:攻略見たけど緑以外アウト、更にアタッカーアウト……ってどんな縛りだよ。どんだけ他人を寄せ付けないんだよ。あれかお前、所謂『馴れ合いはヨシタカやケンジとやってくれ』ってやつか。

愛宕提督:カウンター封じ2人体制でもいいかもしれん。(無視)

 

★隼の会 編成★

ランスロット/レッサとギガンA/ファータ/レッサとギガンB

※先頭が変動しても必ずレッサギガンでサンド

 

作戦コード【ちょっとそこの宮本黙っててもらおうか】

(適性持ちが被ったのでやむなくこんな感じともいえる)

 

それはそうとしてこのゲーム何が一番怖いかってプレイ中のエラー(クラフィがクラッシュ)や携帯のクラッシュ。

何度熱暴走で携帯がクラッシュした事か。私は保冷材常備。

ここで保冷材を持っていなかったポテネキが冷凍ゴハンで携帯を冷やすという暴挙。

 

ゴハン!根性見せろよ!

 

(今回の功労者の御二方と。『さもありなん』みたいな顔してるパンダ)

 

道中、胆を冷やしたり癒されたりしながら遂に辿り着いたトロピカル侍宮本氏。

作戦通りのカウンター封じとランスロニキの爆破攻撃で念願の宮本武蔵撃破。

 

余白:ノーコン……。ホスト報酬きた……。

やじきた提督:行けるな……武蔵。

愛宕提督:うわめっちゃ金貰える。

余白:武蔵銀行。

一同:武蔵銀行!!!

 

その後、全員一通り撃破報酬で武蔵を貰おう!と言う事で各々がホストとなり一周した後、バグ3?とか言い出したポテナントカさん知らない子ですね。

(私、撃破ホスト報酬の武蔵しか居ないんですけどもう武蔵がそこに居るだけでいいです)

 

感慨深いな……。みんなありがとう。皆も宮本氏の事気に入ってくれたみたいで私は嬉しい。

とりあえずクッキーみたいな柄のスニーカーしまむらで探してくる。見付けたら御一報ください。

 

 

そんな宮本氏がカエデさん(覚醒素材)待ちになった頃、気まぐれに回したガチャで伊達政宗引いちゃったので今日もまた黄色の育成が大渋滞。