よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・日常・他

刀)それではこれよりその諸説についてお話しします。

クラフィで武蔵に惹かれるのは好みの問題上必然であった。というお話。

 

図:★6実装おめでとう&祝・レベル99(かんすと)の持ち物を逆にしても違和感がない。

※絵が酷すぎて漬物石とかデコポンとか言われるが巨大おむすびである。

 

散々クラフィで武蔵武蔵言っているので刀剣のお気に入りが誰なのかは薄々お察しだったことと存じますが。

倶利伽羅かっこよすぎるので過剰摂取するとお腹を壊します。

 

極システムが実装されましたがね、よくわかりませんな。

レベルが到達していたら資材やら投入してそのまま改装出来るという単純な話ではなかったのね。

そんな艦これで言う改二みたいなものを想定していたのだけれど、レベル1から再出発ということはケッコンカッコカリに近いのか、どうなのか……。

或いは、改装は改装でもカタパルトも設計図も要るんだよ的な話なのだろうか。艦これに例えて教えてプリーズ。

(頑張ってレベル上げたは良いもののカタパルトが無いので放置されてしまった瑞鶴さんからそっと目を反らす。私とて、出来るものなら改装してあげたいのだ)

 

ひとまず。

レベル99一番乗りで日々巨大おむすびの前に立たされ続けている某打刀の極実装を心待ちにすることに決めた余白であった。

そういう仕組みであると言うのならば、やはり我が家で一番最初に旅立たせるのは奴以外考えられん。

無難にぜよ~のお兄さん(初期刀)とか眼帯のお兄さんとかが好みラインと言われていた中、割と死角からアイスピックで刺された感じがある。

『ちょっと勢いが怖いので暫くはやらん』と豪語していた通り、数ヶ月遅れて始めたのでまず艦これ同様wikiで一通り皆さんの人となりだとかを確認した。

そして始まる『こいつカッコいいな!我が家に迎えたいぞ!』

 

楽しい楽しい地獄の始まりである。

なんかこう、何やっても来ない。

愛宕提督の所には嵐(ユニット)が結成出来るくらいに来たというのに、だ。

図:悲痛な叫びが残されたtwitterのログを漁ってきた。

 

丁度この頃は『へへへ……那智さん私の誕生日に私とケッコンしてくれ……』などと寝言をのたまっていた時期。

私の誕生日が彼女の進水日と一日違いだった事はかなり後になって教えられた。

そこで察した。やっぱり彼女で間違いなかったんだ、って。

(なお艦これは天龍入りなのでどうも最初一度眼帯に引っ張られる傾向にあるらしい。勿論木曾さんも高レベルで頑張ってくれている)

思えば那智さんも最初はなかなか来てくれなくて苦労した。

愛宕提督も最初は愛宕さんが来ないと嘆いていたので、本命はなかなか来ない。来ないが故に愛着が沸く。的な物があると思う。

 

察した。あぁ、こいつなんだ。間違っていなかった。

 

 

――と。なんやかんや途中で刀種が変わったりなどもあったけれど今やレベル99で以下省略。

ある日馬に乗ったまま遠征行ったり、ドロップ連発1+18人(手紙)の大倶利伽羅みたいな遊びをした挙句私がお腹を壊したのは懐かしい話(男前の過剰摂取には気をつけなければならない)

折角だから、連続普通のパンチとか覚えて帰って来るのだぞ。

 

違う。すっかり実装された気でいたけれどまだ実装されてない。

 

 

【落ち】

……が。そもそも池田屋とはどこぞや問題が勃発。

早い所そこまで到達して必要物資を確保しておけと理解。

話はそこからである。

 

ひとまずレベリングイベントが終わったので次は艦これのイベントに移る所存。

(本当にレベリングだけで終わった)