よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・日常・他

或る出戻りにわかファンが生まれるまでとそれからの話

髪の毛乾くまでの間に一つ小話。

Twitterでは毎日のように話題にしているのに確かブログでは触れたことなかったなあという話題。

基本的に流行ものや人・作品とか得意ではないのですが、珍しく、結果的にはフィーバー期に乗っかる形で昨年秋冬から日ハムのファンやってます。
元々出身が北海道なのと、何年か前に道内某球場にて観戦もしているので、ものすごいタイムラグを経て漸く着地すべき場所に辿り着いただけなのかもしれない。

幼少期は珍プレー好プレーを楽しみにする巨人ファン、というか、二岡ファンでしたが。
父に野球のルールとか球団の仕組みとか教わって、スポーツ紙の切り抜きも集めたり。
いつの間にか、気付いたらブームが去っていたのはなんでだろう。野球から離れたというか家族が離散して記憶が飛んだというか
そんな経緯がある為、ここ数年の間もまた野球観戦してみたいとは言っていた。
当時、特に贔屓はない。アンチもない。平和的に観戦がしたい的な事を確かに私は言っていた。そして壁には原さんの写真。

で、まあ。
去年の、10月も下旬の頃の話だったんですけど。
あまりにも暇だったのでなんとなくつけた野球中継。

それが日本シリーズの第三戦目。

広島25年振りの優勝でセールの仕方が分からないとか様々なファンや選手のエピソードを微笑ましく眺めたりしていた直後。
梱包に新聞が必要になったのでコンビニへ行って、広島の選手が嬉しそうにヒップアタックしている写真に妙に惹かれて、その新聞は多分まだ持っている。
プラス、やきゅうた(選手名で替え歌作るやつ)にはまっていた。

そんな状態だったので、野球いいかなと思って本当になんとなくつけた。

既にハムは二連敗中。
そしてこの日から怒涛の巻き返しで優勝。

数年振りに触れたプロ野球で何かとんでもないものを見てしまったと思ったときには時すでに遅し。
見始めた時は広島もハムもどっちも頑張れ状態だったのに、気付いたら完全にハム贔屓になっていたわけで。

そして冬になる頃には年始のスポーツ王を楽しみにするにわかの完成。
(まさかハムで一番の贔屓がこの人になると当時誰が予想しただろうか)

 

最近はネット中継見たり色々調べたりして結構選手もわかってきたし、他球団にも気になる選手が沢山出て来た所。


極端な話、中田翔(元々知っていた)と陽岱鋼(数年前、球場で唯一覚えた)しかわからなかったわけですよ。
もうね、知っていた選手が全然いない(こちらも北海道出て長いのだなと思い知る)
そんな選手認識のお粗末さと言ったらその数日前位に最速出したというニュースを見るまで大谷君すらちゃんと認識出来ていなかったレベルで、もはやにわかですらねえ無知ですよ無知全くの無知。ちょっと脳内選手情報が古くて野球の基礎ルール位はわかるレベルの無知。

ただ、間違いなく興味を惹かれたのはその『最速出した二刀流』の存在だったんだなあ。
えー二刀流とかその響きだけで応援するしかないわとか言った覚えあるもの。
(これは二刀流の響きだけで推せる気がした根本原因が宮本武蔵にあるパターンのやつです)

結論。贔屓球団が出来ました。夏に現地観戦二回目行けそうです歓喜
今も変わらずアンチ球団なしを宣言していくスタイル。

というわけで髪の毛乾いたどころかカラッカラですわ。