よ は ざ れ

旧:余白に戯事 ゲーム・野球・日常・他

交流戦振り返り・後編

前回のあらすじ
何で全試合の感想まとめちゃったかなあ……。長いよね。

 

交流戦第四章~見えぬ(白)星を探して・雨~
金5-2→土4-3→日6-3(※コールド)
ベイ三連戦比較的淡々と三連敗したので特記事項がなくて困っています。(※敗戦時衝撃の負けが多くて感覚が壊れている為ご容赦願いたく)
劇的な負け方をした直後はやりかえすという特性をこのような形で攻略されてしまうとは……。(違う)

とはいえ見事な連続ホームランなどの追い上げで相手をヒヤリとさせるシーンも沢山ありましたよね。結果的に負けてしまったとしても、ヒヤリとさせる(ただではすまない)スタイルすき。
9回表で見せてくれたキャプテンの意地。雨の中のたいしちゃんの炎のヘッスラ→どろんこ。やのけんさんのファールも、おしかった。
何と言ってもこんすけですこんすけ。どうしたんだ彼は。北の大明神はもうホームラン量産体制がとまらない。

何が「特記事項ない」だ!!ありまくりだわ!サイコー!!

ひとつ。この悪天候の中ギリギリ試合成立ラインまでやって、こちらの打撃はまだ死んでいない!だが雨の勢いも死んでいなかった→反撃半ばにして5回強制終了という(まあ予想通りの)後味悪い結末を食らった、これは次回へのフラグ。
もしも日シリで会おうものなら四戦でしとめたる。これは今回の交流戦でとても、否、最も楽しみにしていたクララちゃんさんトバシラさんしゅーめいくんが居なかった事(とついでにチケット取れなかった事)に対する腹いせです。

次回、本拠地札幌へ帰還。もう雨の心配はない。



交流戦第五章~殴り合い、王の帰還
選手の皆様、ファンの皆様、遠路はるばる、北の大地へようこそいらっしゃいました。(いやホント……中止試合の振替試合が更に中止になったとはいえ前日も試合の準備をされていた中でこの移動距離)

初戦、まずは斎藤さんがお出迎えさせていただきます。5回3失点被弾なし、援護は5点位かなと予想しております。立ち上がりは前回より良さげ?あれそこストライクにならない?ならんの!?おかしいな!(カキーンカキーン)さいとうさーーーーん!!(涙)
ちょっとだけ審判との相性も……ありましたよねえ……(小声)
援護では8回に4点追加の猛攻を見せるも、傷が深かった……5-10にて敗戦。援護点予想当たったなあ。
後から聞いたのは阪神さんこの時点で雨天中止翌日の勝率が100%だったという事。これは、ジンクスの戦い。

大敗の後は快勝の法則、発動なるかの2戦目。先発はこの頃各所で噂のうわっち。この日、歴史が動く。
試合は3回裏で先制→4回表で逆転され→すぐさま連打で追い付き翔さん逆転し、レア様の特上寿司で引き離す(4回裏)→更に5回裏かずなりの大きな一本でだめ押し。スコア8-3で若干の快勝ムード漂うが流石の猛虎魂、7回にあのみやにしさまから2点を奪い食らいつく。(筆者「ギャーーッ!!涙」)
3点差で迎えた9回、ついに、ついに我らのキングがクローザーとして戻って来た。王!?敵襲です、王ーーッッ!?こらえてつかぁさい!!(阪神2点追加)
猛虎魂おそるべし……かずなりの、大きな大きな一本。大事な1点だった。終わってみれば壮絶な殴り合いの末8-7で試合終了。

翌14日、この日は勝って欲しい私的な理由があった。
マル様は変わらず安定と信頼の投球で7回無失点。ありがたいこと。打線も好調で1回裏先制(+1)→5回卓さんの犠打(+1)→6回翔さんホームラン(+2)→7回(+4)~8回(+3)に連打を重ね初戦のお返しと言わんばかりの鬼の猛攻で11-3にて勝利。
両チームとも二桁安打を連発する壮絶な打ち合いを勝ち越しで終え、最後に待ち受けるは既にパ5球団に勝ち越しを決めた交流戦無双中のあのチーム。あっちなみに勝って欲しい私的な理由はこの日誕生日だっただけです。



交流戦第六章~傘と祭りとバジリスク
きたわね……。

初戦、1回裏翔さんのヒット+たいしちゃんの激走で先制。2回卓さんの走者一掃打で3点追加。卓ちゃんさんパネエ。
とはいえ流石のトップチーム黙っておらず5回表の猛攻で一瞬にして同点に追い付かれ4-4に。やだつよい。
そして事態は7回から動く。たいしちゃんの大きな勝ち越しタイムリーで1点追加、「あと5点位取って~」とか言ってたら8回翔さんのホームランから始まり相手投手の乱調で押し出し→からの→こんすけが走者一掃。打者一巡・6点追加で大きく引き離しそのまま11-4で快勝。

翌土曜日はうってかわってロースコアの大接戦。
3回表に先制されるもその裏すぐさまこんすけのホームランで追い付く。直後、先発むらたさんにトラブル発生で無念の降板。緊急登板のいぐっさん、見事に抑えてくれました。
なかなか試合が動かないまま延長戦の気配も見えてきた8回裏、飛び出すおにぎり弾。え?おむすびころりん?昨日9回に三塁で何かあったっけ!?覚えてないわ!
そして9回表2-1、価千金のおにぎりを大事に守るは我らがキング
アアアアアーーーー()
事態は1死2・3塁の大ピンチ。王、とりあえず何か上手いことやってください!王都より遠く離れた地で日々生やした草を刈りながら暮らしている民にはそう祈ることしか出来なかった。
打者三振(アウト)→捕手、3塁へ送球→塁を飛び出していた3塁走者、アウト→スゲスゲヴォーーー(試合終了)
その見慣れぬ光景とあまりの俊敏さに草刈りの民(ビギナー)は一瞬何が起きたのか解らなかった。とにもかくにも神様仏様鶴岡様であったのは真実。

交流戦無双の相手にパで唯一勝ち越しキメた。それだけでもう心が躍りませんか。
そんな三戦目は先制されたのち追い付き(たいしつよい)逆転の機会を伺うものの、6回と8回の追加点で逃げ切られ1-5にて試合終了。ちなみにこの日、両チームとも二桁安打。すごい打線。
そして対戦相手のヤクルトさんが今日の勝利をもって交流戦優勝おめでとうございました。その東京音頭バジリスクもダイスキです。これじゃ応援団へのラブコールだ。

 


交流戦三章・二幕~君は広島の空に二刀流の面影を見るか~
いつかの忘れ物を探しに来たのさ……。
つまるところ雨で中止になった分の振替試合。一行は本拠地札幌を離れ、七連戦ラストにして交流戦のラストの地広島へ。私はずっと家に居ますが。

少しはにかんだような、それでも誇らしげな顔でウイニングボールとホームランボールを掲げた彼の笑顔を、僕たちは忘れる日まで忘れないだろう。
この日、広島の高校出身・先発うえけんさんは5回1失点+5回表プロ初安打=初ホームランの大活躍。過ぎ去りし日、勝利が付かなかったあの日の彼の笑顔を思い出し、心躍った。勝ってほしい。
そんな彼の姿に野手陣も広島出身組を中心に躍動。1回表たいし先制場外(!)ホームラン+2→3回表翔さん犠牲フライ+1と順調に点を重ねていた。更には9回表、鶴さんのホームランで2点追加。
1-6で迎えた9回裏、キングがマウンドへ――相手助っ人選手の鋭いホームランが飛び出す。そして事態は1死2・3塁の大ピンチ。王、あなたなら出来る!王都より遠く離れた地で日々生やした草を刈りながら暮らしている民にはそう祈ることしか出来なかった。
ピッチャーゴロ・キング1塁へ送球→1塁ベースを踏んだ翔さん、すかさずホームへ送球→この時ホームへ走っていたあらいさん(3塁走者)が鶴さん(捕手)にタッチされアウト→アウ……ト?→リクエスト検証の結果やはりアウト→スゲスゲヴォーーー(試合終了)
いつかどこかでみたような、その光景にやはり草刈りの民は一瞬何が起きたのか解らなかった。とにもかくにも神様仏様鶴岡様翔様であったのは真実。


かくして、交流戦全日程が終了したわけですが。10勝8敗。内訳はベイ(3連敗)以外5球団に勝ち越し。狙ったかのように全部2勝1敗という……。笑。
日々ジェットコースターの様に上下するセ順位に対しびっくりするぐらいほぼ動かなかったパの順位。おそろしきこと。

次回、リーグ戦へもどる!